時期とタイミングを考えよう

車を買い取りに出す時期も高く売るためには重要!

車を売る際に付く価格はそれぞれの車のコンディションによって大きく左右されるのですが、この価格は何もコンディションだけで決まっているというわけではありません。

 

その価格に対して大きな影響を与える要素としてあるのが「車を売る時期やタイミング」といったものです。まず時期については基本的に中古車需要が高まるころ、つまり入学・就職・転勤が増える春先や行楽シーズンとなるゴールデンウィークや夏休み、そして秋のシルバーウィークといったころに価格が上がりやすくなります。

 

逆に年末ごろになると高額な買い物を避ける動きが強まりますし、何より年が変わると年式が古くなって販売価格が下がるためにに年末はあまり向いていません。次にタイミングですが、これは早ければ早いほど売るのに適しています。

 

年式が新しい車の方が欲しがる人は多いですし、走行距離についても短い方が高く買い取ってもらえることになるでしょう。よく「思い立ったが吉日」とは言いますが、まさに思い立ったがその時が一番良いタイミングであると言えるでしょう。

 

ただそれでも「大晦日に思い立ったから大晦日に売ろう」というのは少々微妙ですから、こうした場合は少し待つことを考えても良いでしょう。車はこうした時間的な要素によってもかなり買取価格が変わってくることになりますから、売るのであればなるべく高い価格で買い取ってもらえそうな条件を整えることが大切です。

 

新しく買えば高く付くのですから、手放すその時もしっかり損をしないようにしましょう。

 

車買取の評判│相場の20万円UPも!鉄板・高額査定サイトへ戻る