事故を起こした事のある車の査定は?

自動車の買取の世界では、過去に事故歴が存在した場合、その査定金額が減額される傾向にあるのは事実です。ただその扱いについては、事故をきっかけにして主要なパーツを交換したり傷などを修復したりした場合に減額され、厳密には修復歴車として扱われます。

 

大抵、事故を起こすと何らかの形で自動車の主要パーツのどこかが損傷されることも多いため、損傷すれば元に戻すための修復作業を行う必要があります。ただ実際に主要なパーツとしては、フレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロア・ラジエータコアサポートの九つで構成されています。
従って、その上記いずれか一カ所のパーツを交換したり、修復を行ったケースにおいては修復履歴があったと査定されます。つまり修復があれば査定金額にもそのまま反映され、その分の買取価格が減額することとなります。

 

なお事故歴があったとしても、運良く上記の九つの部分以外の修復で済む場合には修復歴アリと言うことはできないとされます。またあくまでも事故歴は警察を呼んだ事故で、よく起こりがちな自宅の駐車場の壁にぶつけたり、こすったりした場合は関係はありません。
事故を起こしていない状態でも板金などで直したケースがあると、場合によっては買取査定においても影響する恐れもありますので、注意が必要となります。過去に事故歴が
ある自動車でも国内市場では難しくとも、海外市場に輸出するルートも存在します。
その場合だと査定についても、海外市場でニーズの高い自動車なら、それほど減額されず高額の査定を得ることもあります。

 

 

車買取の評判│相場の20万円UPも!鉄板・高額査定サイトへ戻る