ディーラーで下取り査定したら0円!?それって信じますか?

車の買い替えを検討する際にディーラー下取りを利用するという人は多く、実際それが悪いというわけではありません。
ディーラー下取りの場合は新車価格から割引を受けることが出来ますし、車を処分するのもディーラー任せにできますから非常に手軽な方法であると言えます。
しかし時にはディーラーに査定をしてもらった段階で価値無しと判断されることもあるのですが、この場合は下取りをすぐに止めた方が良いです。
価値が無いと言われてしまっている以上下取りをしてもらっても自分が得られるメリットは処分の手間が省ける程度のことですから、それならば中古車として買取に出した方がはるかにお得です。

 

よく「ディーラーで価値が無いと言われたのだから買取でも価値が付かないのではないか」と考える人がいるのですが、これは大きな間違いです。
確かにそう考えてしまうのもわかるのですが、そもそもディーラーと中古車買取業者は行っている事業の中身が違います。
ディーラーの場合はサービスの一環として下取りをしているのに対し、買取業者は商品仕入れとして行っているのです。
そして何より買取業者の場合、中古車を求める次のオーナーを探すことが出来るという強みがあります。

 

そのためディーラーで価値無しと言われてしまったような場合であっても、買取業者であれば有効活用できるため値段を付けて買い取ってくれる可能性があるわけです。
もちろんどのようなものでも必ず値が付くというわけではありませんが、何もせずに無料引き取りに出すくらいであればまず買取業者に見てもらうようにしましょう。

 

車買取の評判 TOPへ戻る