高く売りたいなら車買取りに出そう!

車売却は買取りがおすすめ!少しでも高く売ろう!

日本人は、車を乗る期間が世界的に見ても短いといわれています。その理由の一つとしてモデルチェンジが短いためとも言われています。製造メーカーとしては、販売台数が伸び悩むころに新しいものを販売して販売促進を望んでいます。そのために、モデルチェンジのサイクルが短くなっているのです。

 

新車を買うときには、以前に乗っていたものを処分しなければなりません。そのために、ディーラーで下取りをしてもらうか専門店での買取りをしてもらうかの選択をしなければなりません。その違いを理解しておかなければユーザーにとっては金額の面で損をしてしまうこともあります。

 

専門店での買取りのほうが、一般的に金額が高くなります。その理由として、下取りには各自動車販売会社が独自で用意する下取り基本価格表等を参考にして、買取業者はオークション市場の相場を基準に車を査定しているために金額が良いこととなるのです。

 

買取りの場合、基本的には売り先の市場が確定していることが大きな理由となります。中古市場のほしいと考えている人の需要と市場の供給のバランスを見て査定価格を決めているために、査定価格に大きなずれがなくその商品にあった適正な価格が付けられます。

 

一方、ディーラーの下取りの場合においては、処分の方はにの次となる業務であり新しい自動車の販売が主となる業務です。そのために新車販売の値引きとの駆け引きもあり、一概にディーラーの場合は安い価格と言い切れませんが、市場の相場をもとに査定した買取りのほうが金額が高くケースにおいては、より高値になることが多い傾向にあります。

 

車買取の評判│相場の20万円UPも!鉄板・高額査定サイト HOMEへ戻る