かなりの改造車だけど買取査定ってしてくれる?

車が好きな人であれば、より自分好みにパーツをチューニングした改造車を持つこともあるはずです。
しかし、ワケあってそのような車を買取に出そうと決めた時、気になるのが査定をしてもらえるのかということでしょう。
もちろん改造車であっても査定をしてもらうことは可能です。

 

しかし、一般的に改造車は高く売れないとされていますので、場合によっては、ほとんど値がつかないということもあります。
なぜ、改造車は高く売れないのかというと、その最大の理由が自分好みに改造しすぎているという点です。
改造を施して楽しむタイプの車を中古で購入しようと考えているドライバー側の中には自分好みに改造して楽しみたいと考えている方も少なくありません。
そのため、中古市場では、状態がよく、ほぼノーマルに近い車に人気が集中してしまいやすく、逆に社外パーツで改造されている車の需要は低くなっているのです。

 

このようなことから、売れない車という判断されてしまいやすく、査定額も低くつけられてしまいやすいのです。
ただし、例外として改造車でも高い査定がつけられることがあります。
例えば、外装パーツが人気があったり有名メーカーの物が使われていたりアルミマフラーなどが装着されているなど…もちろん高級なパーツもこれらに含まれますので、社外パーツ単体での価値が非常に高く、統一感があるような場合です。

 

見た目が最初から格好よければ需要は見込めますし、ノーマルパーツが残っているのであれば、社外パーツは取り外して別に販売するということも可能です。
ですので、このような場合は、高値がつく可能性はあるのです。
特に改造車を専門にしている買取業者であれば、パーツの価値も認めた額がつけられるといえます。

 

 

車買取の評判│相場の20万円UPも!鉄板・高額査定サイトへ戻る