車査定のチェック項目を考えよう

車査定でチェックされる項目は?

車買取り店で査定してもらう場合、査定士はどのようなところをチェックしているのでしょうか。各社によって詳細は異なるかもしれませんが、代表的なチェックポイントは以下のような項目です。

 

まず基本的なものとしては車種、グレード、走行距離、ボディカラー、年式などです。人気のある車種なら市場で高く販売されますので買取り価格も高くなりますが、それほど人気のない車種はどうしてもマイナス査定が入ってしまいます。

 

またボディカラーに関しては非常に重要で、需要の多い車種であってもカラーによって査定結果に影響が出てくることが殆どです。走行距離については短いほどプラス査定になるとされていますが、単純に短ければいいというものではなく、年式と比較して適正な数値かどうかというのが重要になります。

 

一般的には年間1万キロ程度、軽自動車なら年間8000キロ程度が目安となっています。これらに加えてエンジンの状態や内装の汚れ、外観の傷の有無もしっかりチェックされます。

 

エアコンやカーオーディオがきちんと作動するかどうかも大切な項目です。さらにオプションパーツも査定項目の一つです。通常は純正パーツのほうが重宝されるので、非純正のパーツがつけられている場合はマイナスの評価になってしまいます。ただしその場合でも、取り外した純正パーツが保管されていれば大きな影響を受けなくて済みます。

 

また取扱説明書や定期検査の記録簿などがきちんと保存されているかどうかもチェックされるので、紛失しないように保管しておきましょう。

 

 

車買取の評判│相場の20万円UPも!鉄板・高額査定サイト HOMEへ戻る