ローン中に車は買取に出せる?

ローン中の車の買取りはできるのか否か。。

ローン中の車を買取に出す場合、問題となるのは所有権名義です。

 

所有権名義とは「ローン中の車を誰が持っているか」ということを示す情報のことで、まだ完済していない場合には信販会社やローンを組んでいるディーラー、または個人名のいずれかになっています。

 

これが現在車を使用している持ち主であれば特に難しいことは無いのですが、信販会社やローン会社が名義人となっている場合には勝手に買取りに出すということが出来ません。確かに現在使用しているのは自分であっても持ち主は信販会社やローン会社なのですから、勝手に売るということは出来ないわけです。

 

ではどうすれば良いのかというと、これは所有権留保の解除を行う必要があります。所有権留保の解除とは簡単に言ってしまえば「ローンを完済して車の持ち主を自分にする」という手続きであり、これが出来ない限り買取に出すことはできません。

 

所有権留保の解除の方法として最も簡単なのは自分で完済することですが、ローンの残債にもよりますが一括完済というのは困難でしょう。

 

そのため基本としては買取業者側にローン中の車であるということを申告して手続きを行ってもらうことになります。大手の買取業者ではローン残債より買取価格の方が高い場合はまずローンの返済分を抜いた上で余った分を渡してくれますし、ローン残債の方が大きい場合も車の価格と相殺したうえで新しいローンに切り替えてくれます。

 

そのためまだローンの支払いが終わっていない場合にはこういった方法で対処するようにしましょう。

 

 

車買取の評判   TOPへ戻る