下取りと買取りは何が違うの?

下取りと買取りの違いとは

これまで長らく大事に運転してきた車を手放す際には、様々な選択肢が突きつけられることになります。すでに金銭的な価値が消滅してしまっている場合には廃車を検討することも一つの手段ではあるものの、少しでも価値が残っているのであれば下取りか、あるいは買取といった形での処分の方がメリットを得ることができるでしょう。

 

しかし多くの人が下取りと買取の違いについて明確には把握しておらず、ほぼ同一の言葉として受け取っている人もいるほどです。まず下取りの場合はその売却先は次の車を購入するにあたって利用するディーラーや業者となります。これはいわば交換条件のようなところもあり、新たにここの業者を使って購入する代わりに古いものを引き取ってもらう形となるわけです。ただしこの場合には、現金を用いて売買を行うことはあまり行われず、最終的に売却金額が決まったならばそれを新たな車の購入代金から値引きするという形で会計処理されるケースがほとんどです。

 

一方、買取はこれとは違い、業者側がしっかりと出張査定や持ち込み査定において精査を行い、持ち主にその金額を提示。それで折り合いがつけば最終的な契約書面を交わして売買成立となります。最近では一括査定サイトなどを活用することで自分と条件の合致する数多くの業者を把握し、その中から特に気になった業者に本格的な査定依頼を行います。

 

こうして2、3社からの見積り額をもらった上で、それらを比較検討し、最終的な売却先が決定となるのです。また、現金受け渡しに関しても明確な違いが現れます。この場合、手続きの最終段階で銀行の振込先などが聞かれ、先方はその口座に金額を一括振り込みすることで全ての手続きが環境となります。

 

車買取の評判│相場の20万円UPも!鉄板・高額査定サイト HOMEへ戻る