手続きに必要な書類など

売却に必要不可欠な書類・物を準備しておこう

車を売って手放すにはいろいろな書類や準備するものが必要です。
税金を払い、国の認可をとって乗っている車ですからいろいろな手続きや書類が必要なわけです。

 

では必要な書類や物を以下に記載します。

 

1.自動車車検証

 

いわずと知れた車検証です。
車検を受けたときに必ず発行されてますよね。  

 

2.自賠責保険証

 

自動車に乗る際に義務付けられている保険で、強制保険ともいわれますよね。
車検を受ける際に同時に入ったり更新したりするので車検証とセットになって
ダッシュボードに入っていることが多いです。

 

3.身分証明書

 

運転免許証や健康保険証などをご用意ください。
まだマイナンバーは使用できませんのでご注意ください。

 

4.印鑑

 

査定時に必要な場合は三文判で良いですが、売却が決まって正式に契約する場合は実印が必要です。
車の名義変更は実印でないとだめですので。

 

5.印鑑証明書

 

これも実印とセットで必要です。
同様に正式に契約したのち、名義変更時に使用します。
もちろん手続きは買い取り業者が行いますのでご安心ください。

 

6.自動車税納税証明書

 

毎年4月に納税する自動車税の証明書です。
自動車重量税と混同しがちですが、自動車重量税は車検時に一緒に支払う税で自動車税は毎年払う税です。
自動車税の通知が送られてきた際に同封されている、支払い用紙を支払い後に返却されたものになります。

 

上記の内1,2,6を紛失した際には再発行が可能なのでそれぞれ陸運支局、保険会社、税事務所または自動車税管理事務所まで問い合わせてみましょう。

 

以上のものを用意しておけば、査定から売却の契約までスムーズに行うことができます。ぜひ準備を整えてから査定に出すようしましょう。

 

車買取の評判│相場の20万円UPも!鉄板・高額査定サイトへ戻る